格安SIM比較

【最強決定】格安SIMのおすすめはどれ?料金や速度など5項目で比較した結果を発表【格安スマホ】

更新日:

格安SIM比較

毎月の携帯料金が劇的に安くなる格安SIM(格安スマホ)。実際、ドコモ・au・ソフトバンクなど大手キャリアから乗り換える人も年々増えています。

しかし、

  • 格安SIMに乗り換えたい…
  • 会社が多すぎてどれを選べばいいのかわからない…
  • 本当に安くなるのか知りたい…

そう考えている方も多いのではないでしょうか。

もばくまくん
格安SIM会社多すぎるんだよね…。とりあえず安いところを選べばいい?
しむりん
料金だけで比較しても後悔するから気をつけて!その格安SIMのサービスや速度など総合的に見るのがおすすめだよ

実際私も最初は迷いまくった1人で、楽天モバイル・mineo・UQモバイル・OCNモバイルなど、、、かなーーーり時間をかけて各格安SIM会社を比較・検討してきました。

こうしてサイトで紹介するならとりあえず契約すべきだと考え、ひとまず検討した会社はすべて実際に契約しています。

この記事では、そんな格安SIM各社を試した私が、本当におすすめできる格安SIMを紹介していきます。

比較・検討する中で、ここなら安心して使えるという会社に絞りましたし、メリットとデメリットも載せました。また、格安SIMだけでなく、ahamo・povo・LINEMOといった格安キャリアも一緒に比較しています。

もばくまくん
大手キャリアの格安プランの方が安いよね!
しむりん
格安SIMとどっちが良いのかという比較もしたいからahamo・povo・LINEMOも掲載していくよ!

大手キャリアから格安SIM(格安スマホ)への乗り換えを検討している方は、選ぶ参考にしてみてくださいね!

1番ぴったりなものを選ぶために!格安SIM(格安スマホ)の基礎知識

ここでは、自分にあった1番いい格安SIM(格安スマホ)を選ぶために、基礎知識をまとめていきます。

もばくまくん
おすすめの格安SIMを知る前に、格安SIMのポイントを押さえておくってことだね

そもそも格安SIMとは?

格安SIM(格安スマホ)とは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの通信回線を借り受けて、携帯電話サービスを提供しているMVNOのことをいいます。

大手キャリアの回線を借りることで、自社で膨大な回線設備を用意することなく携帯電話回線を提供することができるため、大手キャリアと比較して大幅に安くできるのです。

もばくまくん
格安SIMと格安スマホって何か違うの?
しむりん
安いスマートフォンのことを格安スマホって言うけど、格安SIMのことを格安スマホという場合もあるね

格安SIM会社は、大手キャリアの回線を利用しているため、通信エリアは大手キャリアと同じ日本全国。

通話もネット通信も、大手キャリアと同じ範囲でできると考えてよいでしょう。

もばくまくん
電話番号ってキャリアの番号をそのまま使えるんだっけ?
しむりん
携帯会社からの乗り換え(MNP)は電話番号を変えずに使えるよ!

格安SIMの使い方

格安SIM(格安スマホ)は、次の方法で使えるようになります。

格安SIMの使い方

  1. 手持ちのスマホをSIMロック解除する
  2. MNP予約番号を入手する
  3. 格安SIM会社に申し込む
  4. 届いたら、手持ちのスマホのSIMカードを入れ替える
  5. 初期設定を行う

基本的に、格安SIM会社に申し込むとその会社のSIMカードが送られてきます。

届いたら、手持ちのスマホのSIMカードを取り出して、格安SIMのSIMカードを差し込めば使えるようになります。

格安SIMに申し込むときに、スマホも一緒に購入すれば、SIMカードの差し替えや初期設定(4と5の手順)は必要ありません。

もばくまくん
結構わからない用語がたくさんある…
しむりん
だよね、格安SIMを選ぶときに出がちな基本用語を次にまとめるよ!

格安SIM関連の基本用語

格安SIM(格安スマホ)の乗り換え関連で出てくる用語をまとめると次の通り。

SIMロック解除とは?

通常、大手キャリアで契約したスマホにはSIMロックがかかっています。

これは、そのスマホが他の携帯会社では使えないようにするためのロックのこと。

例えば、ドコモで契約したスマホはドコモ以外では使えません。そのロックを解除するのがSIMロック解除と呼ばれる作業です。

SIMロック解除されたスマホは、SIMフリーとなります。

MNP予約番号とは?

MNP予約番号とは、携帯会社の乗り換えに必要な番号のことです。

格安SIMに申し込むときに、MNP予約番号を入力することで、今まで使っていた電話番号を変えることなく使えるようになります。

MNP予約番号は、今使っている携帯会社のマイページから発行できます。電話やショップでも発行できますが、マイページからが簡単です。

MNP予約番号の発行=解約の予約ということになり、乗り換え先の携帯会社が開通した時点で自動解約となります。

SIMカードとは?

SIMカードとはスマホにささっている電子カードのことで、このカードを差し込むことで通信ができるようになります。

SIMカードには携帯会社の利用情報なのが書き込まれているので、このカードがないと通話ができません(WiFi環境があればネットは使えます)。

初期設定って何するの?

格安SIMのSIMカードをスマホに差し込んだ後に行う作業は①開通手続きと②APN設定の2つです。

開通手続きはその携帯会社の回線を開通する手続きのことで、これにより前の携帯会社は自動解約となります。

開通手続き方法は格安SIMによって異なり、電話やマイページから手続きできます。

APN設定は乗り換えた携帯会社でネット通信ができるようにするための設定であり、携帯会社が公開している設定情報をインストールして行います。

開通手続きもAPN設定も、各やり方については格安SIMごとに紹介しているので、まずは乗り換え先の格安SIMを決めてから参考にしてみてください。

格安SIMのメリット・デメリット

次に、格安SIMのメリット・デメリットを紹介します。

格安SIMにするメリット・デメリットは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比較するとわかりやすいです。

格安SIM大手キャリア
月額料金

安い

プランによって変わりますが、大体2,000円~3,000円くらいです。

高い

以前と比べると安くなりましたが、それでも大体5,000円~7,000点程度はかかります。

回線速度

普通~遅い

大手キャリアから回線を借りて運営している以上、どうしても遅くなります。

速い

契約期間

なし~1年

2年間

違約金

なし~1,000円

1,000円

通信エリア

日本全国

日本全国

以上のことから、格安SIMを選ぶメリットをまとめると次のようになります。

  • 月額料金がかなり安くなる
  • 契約期間や違約金がない会社が多い
  • 2年縛りにとらわれることなく、自由に携帯会社を変更できる
  • 各格安SIMそれぞれのメリットを受けられる

格安SIMは月額料金が安いことはもちろん、各社それぞれの特徴があります。

例えば楽天モバイルなら楽天ポイントが貯まったり使えたり、LINEモバイルならSNSがギガ消費なしで使えたりと様々です。

こういったそれぞれの特徴を比較しながら選べるのも、格安SIM探しのポイントとなります。

逆に、通信速度はキャリアと比べると遅くなってしまうので、速い回線じゃないとどうしてもダメだ!という方は乗り換えないほうがいいでしょう。

最近は格安SIMの速度も早くなってきており、 UQモバイル ワイモバイル はキャリア並の速さなので、そちらを選ぶのもおすすめです。

格安SIMを選ぶ際の注意点

比較表には書いていませんが、通話料については注意する必要があります。

大手キャリアは最初から5分かけ放題や無制限かけ放題がついているので、通話料金を気にする方は少なかったと思います。

格安SIMは自分で選べるようになっているので、かけ放題をつけないと30秒につき20円の通話料がかかるので注意しましょう。

逆にいえば、あまり通話しない方は無理にかけ放題をつける必要はなく、その分携帯料金を節約することにつながります。

かけ放題をつけるかつけないか選べるのも、格安SIMのメリットといえるでしょう。

格安SIM(格安スマホ)を選ぶポイント

格安SIM(格安スマホ)といっても、各会社ごとに料金も違えば提供しているサービス内容も違います。

格安SIM選びに失敗しないために、押さえておくべきポイントをまとめました。

格安SIMを選ぶポイント

  • 料金:基本料金や通話料金が安いかどうか
  • 充実度:格安SIMとしての使いやすさやメリットの多さ
  • 速度:通信速度は速いかどうか
  • サポート:サポートの手厚さ
  • 解約:契約期間や解約金をみて解約しやすいかどうか

これから紹介する格安SIM(格安スマホ)ランキングでは、以上5点を比較して総合点を付けて順位付けました。

実際に使ってみての順位付けなので信憑性は高いと自負しています。

マイナーな格安SIMを比較してもしょうがないので、よく選ばれる人気の格安SIM10社で紹介しました。

格安SIMのおすすめランキング【格安スマホ】

それでは、実際に使ってみておすすめの格安SIM(格安スマホ)を1位~10位までランキングで紹介していきます。

月額料金の安さ・通信速度・使い勝手の良さなどを総合的に判断し、おすすすめできる順番に並べました。

しむりん
迷ったときは上位のサービスに申し込めば間違いないよ!
格安SIM 楽天モバイル OCNモバイルONE ahamo povo LINEMO mineo(マイネオ) UQモバイル ワイモバイル IIJmio BIGLOBEモバイル
料金0~1GB:0円
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
20GB:2,970円20GB:2,728円3GB:990円
20GB:2,728円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
2GB:858円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
通話無料10分かけ放題:935円
無制限:1,430円
5分かけ放題:無料
無制限:1,100円
5分かけ放題:550円
無制限:1,650円
5分かけ放題:550円
無制限:1,650円
10分かけ放題:935円
30分定額:924円
60分定額:1,848円
10分かけ放題:770円
60分定額:550円
無制限:1,870円
10分かけ放題:770円
無制限:1,870円
3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
10分かけ放題:913円
3分かけ放題:660円
60分定額:660円
90分定額:913円
初期費用なし3,733円なしなしなし3,740円3,300円3,300円3,300円3,733円
契約期間なしなしなしなしなしなしなしなし1年間1年間
違約金なしなしなしなしなしなしなしなし1,000円1,000円
通信速度
5G××
220円/月
×
海外××××××
留守電
330円/月
×××
319円/月

418円/月

330円/月

330円/月
メアド×××
220円/月

330円/月
eSIM××××××
家族割××××××
店舗対応×××××××

ベスト3から確認していきたい方はこちらから。

料金・速度・かけ放題の目的別に知りたい方は「料金・速度・かけ放題など目的別のおすすめ」からどうぞ!

【10位】BIGLOBEモバイル:通話や動画視聴が多い人にはオススメの格安SIM

BIGLOBEモバイル

プラン音声通話データ
+SMS
データ
容量
料金
1GB1,078円--
3GB1,320円1,122円990円
6GB1,870円1,727円1,595円
通話
  • 基本通話料:22円/30秒
  • BIGLOBEでんわ使用時:11円/30秒
  • 10分かけ放題:月額913円
  • 3分かけ放題:月額660円
  • 毎月60分まで通話無料:月額660円
  • 毎月90分まで通話無料:月額913円
メール「@biglobe.ne.jp」のメアドが無料でもらえる
回線ドコモ・au回線
契約最低利用期間は1年間。期間中の解約は1,000円
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

BIGLOBEモバイルは、1~6GBが安く使いやすい格安SIMです。

また、エンタメフリー・オプションを使うことで、YouTubeやAbemaTV、Apple Musicなど動画や音楽サービスがギガを使わずに使えるのも特徴。

通話プランも幅広く、用途に応じて選べるのが便利です。

長電話が多い方や、動画・音楽メインに使う方におすすめの格安SIMです。

もばくまくん
動画見放題を活用している人が多い印象!
しむりん
大容量プランが安く使えるのもポイントだよ!

BIGLOBEモバイルはここがオススメ

  • 少量使いたい方におすすめ
  • 通話料が安くできるオプションが豊富
  • エンタメフリーで動画や音楽が使い放題
  • 初月無料で使える
  • 通信速度は普通

【9位】IIJmio:他にない安いギガ容量

IIJmio

プラン音声通話データ
+SMS
データのみ
容量
料金
2GB858円825円748円
4GB1,078円1,045円968円
8GB1,518円1,485円1,408円
15GB1,848円1,815円1,738円
20GB2,068円2,035円1,958円
通話
  • 基本通話料:22円/30秒
  • みおふぉんダイアル使用時:11円/30秒
  • 3分かけ放題:月額660円
  • 10分かけ放題:月額913円
メール月額330円で専用メールアドレスが使える
回線ドコモ・au回線
契約最低利用期間は1年間。期間中の解約は1,000円
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

IIJmioは2GB・4GB・8GBと他社にはなかなかないギガ容量が提供されており、いずれも激安料金なのが特徴です。

更に、家族同士なら30分の通話がかけ放題で、ファミリーシェアプランでは最大10枚までSIMカードを追加発行できます。

家族で使うのも便利ですし、スマホとタブレットの2台使いといった場合も便利に使えます。

IIJmioは満足度も高く、信頼感のある格安SIMサービス。eSIMプランなどもあり、幅広く使えるのもIIJmioのメリットです。

もばくまくん
料金が安いっていう点が好評だね!
しむりん
割引キャンペーンや格安スマホセールが多いのも特徴!

IIJmioはここがオススメ

  • 家族割のオプションが充実
  • 割引キャンペーンが多い
  • eSIMプランが使える
  • 安定した人気を誇る
  • 通信速度はやや遅め

【8位】Y!mobile(ワイモバイル):家族割がお得

ワイモバイルのメイン画像

 プランSプランMプランL
料金2,178円3,278円4,158円
容量3GB15GB25GB
通話
  • 10分かけ放題:月額770円
    10分以上は22円/30秒
  • 無制限:月額1,870円
メール「@ymobile.ne.jp」のメアドが無料でもらえる
回線ソフトバンク回線
契約最低利用期間・解約金なし。
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクのサブブランドとして運営されている格安SIM。

1番の特徴は、Y!mobile(ワイモバイル)の専用回線を使っているので、他の格安SIMと比べて安定して速いこと。最速のUQモバイルとそこまで変わりません。

もばくまくん
UQモバイルとの違いって何なの?
しむりん
ワイモバイルは家族割が使えたり、最初の1年間はギガが増量されることかな

ワイモバイルは家族割で1,080円の割引が受けられたり、最初の1年間はSプランが1GB増量、M・Lプランは3GB増量される特典があります。

UQモバイルに家族割がないので、家族で使う分にはワイモバイルの方が安くなります。

その分、多少ワイモバイルの料金は高くなっていますが、家族で使えば使うほど安くなるのが特徴です。

ただ、単独で使うには料金は高めなので、その分UQモバイルより順位が下がりました。

ただソフトバンクのサブブランドだけあって、ソフトバンクからの乗り換えは簡単ですし、ヤフープレミアム特典も無料で受けられるメリットがあります。

もばくまくん
ワイモバイルは速度に関する評判がいいね!
しむりん
3人以上の家族で使う方におすすめだよ!

Y!mobileはここがオススメ

  • Y!mobile専用回線を使っている
  • 最初の1年間ギガ増量
  • Yahoo!プレミアム会員費が無料になる
  • 最大9回線まで家族割
  • 通信速度はかなり速い

【7位】UQモバイル:通信速度で圧倒

UQモバイル

プランSML
料金1,628円2,728円3,828円
容量3GB15GB25GB
通話
  • 10分かけ放題:月額770円
  • 毎月60分まで通話無料:月額550円
  • 完全かけ放題:月額1,870円
メール月額220円で「@uqmobile.jp」のメアドが使える
回線au回線
契約最低利用期間・解約金なし。
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

UQモバイルはauのサブブランドということもあって通信速度が圧倒的に速く、混みやすい時間帯でも安定した速度を誇るのが特徴的です。

ただ、プラン改定で家族割がなくなってしまった上に、料金もやや高め。

それでも、安定して使える格安SIMには変わりなく、3GB程度で良いという方にはうってつけといえます。

もばくまくん
UQモバイルも速度の口コミ評価は高いね!
しむりん
速度の速さは格安SIMでNo.1!

UQモバイルはここがオススメ

  • キャッシュバックが使える
  • 10分かけ放題か通話定額を選べる
  • ギガを使い切っても最大1Mbps
  • クレジットカードがなくても申し込める
  • 通信速度が格安SIM最速

【6位】mineo(マイネオ):初心者にやさしい格安SIM

mineo(マイネオ)

プラン音声通話データ
容量
料金
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円
通話
  • 基本通話料:22円/30秒
  • mineoでんわ使用時:11円/30秒
  • 10分かけ放題:月額935円
  • 毎月30分まで通話無料:月額924円
  • 毎月60分まで通話無料:月額1,848円
メール「@mineo.jp」のメアドが無料でもらえる
回線ドコモ・au・ソフトバンク回線
契約最低利用期間・解約金なし。
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

mineo(マイネオ)のメリットは、圧倒的な安さと独自機能が多いことです。

「フリータンク」という機能があり、マイネオユーザーが余ったデータ容量を寄付してストックしている場所があります。そこから、毎月1GBまでもらうことができます。

他にも、マイネ王という独自コミュニティを作成し、ユーザー同士が相談し合う環境も特徴。

ヤフー知恵袋のように、他のユーザーが質問に答えてくれますので、初心者も安心です。

mineo(マイネオ)はドコモ・au・ソフトバンク全回線に対応しており、乗り換えやすいのも大きなポイント。

通話料金を加えると高くなりますが、あまり通話しない方にとっては魅力的な格安SIMです。

もばくまくん
安いって口コミが多かった!
しむりん
ユーザーへの配慮はNo.1!

mineoはここがオススメ

  • マイネオ独自機能が便利で満足度No.1
  • au・ドコモ・ソフトバンクの3回線が使える
  • 最低契約期間や違約金がない
  • ほとんど通話しない方におすすめ
  • 通信速度は安定して速い

【5位】LINEMO:SNSが使い放題の格安キャリア

LINEMOのイメージ画像

プランミニプランスマホプラン
容量3GB20GB
料金990円2,728円
通話
  • 基本通話料:22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円/月
    ※初年度無料
  • 無制限通話:1,650円/月
    ※初年度1,100円/月
メールメールアドレスの提供なし
回線ソフトバンク回線
契約最低利用期間も解約手数料もなし
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

ソフトバンクが提供する格安キャリアプランであるLINEMO(ラインモ)。そのLINEMO最大の強みはなんといってもLINEギガフリー(カウントフリー)。

LINEの通話や通信が、データ通信量の消費なしで利用できるようになります。

料金もシンプルで、3GBが990円、20GBが2,728円の2つ。たくさん使うかそこまで使わないかの2択は選びやすいです。

しむりん
LINEがギガ消費なしだから、LINE以外そこまで使わない方は3GBでもOKだね!
もばくまくん
料金やLINEフリーが好評だね!
しむりん
LINE中心に使う人におすすめ!

LINEMOはここがオススメ

  • 3GB・20GBから選べるプラン
  • LINEギガフリーが便利
  • 初年度は通話料金割引
  • 月額料金が安い
  • 通信速度は速い

【4位】povo:24時間データ使い放題がお得

povoのイメージ画像

容量20GB
料金2,728円
通話
  • 基本通話料:22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円/月
  • 無制限:1,650円/月
メールメールアドレスの提供なし
回線au回線
契約最低利用期間も解約金もなし
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

povo(ポヴォ)は、auが提供する格安キャリア。20GBが2,728円で使えるプラン1つのみで、かけ放題やデータ通信量を好みに合わせて追加していくというトッピングをイメージしています。

1番の特徴は24時間データ使い放題で、24時間220円でその日1日使い放題になります。

30日間使い続ければ6,600円と高額になりますが、この日はたくさん使いたい!という限定的な使い方におすすめです。

もばくまくん
24時間データ使い放題が好評だね!
しむりん
旅行や外出が多いタイミングに合わせると便利!

povoはここがオススメ

  • 20GBで月額2,728円とシンプルかつ安いプラン
  • 550円で5分かけ放題、1,650円で無制限かけ放題が追加
  • 24時間データ使い放題が1日220円で使える
  • eSIM対応
  • 通信速度は速い

【3位】ahamo:安定して使える格安キャリア

ahamoのイメージ画像

容量20GB
料金2,970円
通話
  • 5分かけ放題:基本料金込
    ※5分超えた分は22円/30秒
  • 無制限:1,100円/月
メールメールアドレスの提供なし
回線ドコモ回線
契約最低利用期間も解約金もなし
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

ahamo(アハモ)は、ドコモが提供する格安キャリア。特徴らしい特徴はありませんが、5分かけ放題込の3,000円以下の料金や20GBまで海外で使える国際ローミングなど、安定したサービスを誇ります。

メールアドレスの提供はpovoやLINEMO同様ないものの、抑えるべきポイントは抑えている、ドコモらしいサービスです。

また、dカードを持っていると1GB増量、dカードゴールドなら5GB増量する特典もあります。

dカードゴールドを持っているだけで25GB使えるので、ahamoを使うならdカードを作りましょう。

もばくまくん
安定しているという口コミが多いね!
しむりん
母体がドコモなだけあって、通信環境もサービス内容も安心して使える!

ahamoはここがオススメ

  • 5分かけ放題込の料金
  • dカードを持っていると1GB増量、dカードゴールドなら5GB増量
  • 海外でも20GB使える
  • 通信速度は速い

【2位】OCNモバイルONE:NTTが提供する人気の格安SIM

OCNモバイルONE

プラン音声対応SMS対応データ専用
容量
料金
1GB770円--
3GB990円990円858円
6GB1,320円1,320円1,188円
10GB1,760円1,760円1,628円
通話
  • 基本通話料:22円/30秒
  • OCNでんわ使用時:11円/30秒
  • 10分かけ放題:月額935円
  • トップ3かけ放題:月額935円
  • 完全かけ放題:月額1,430円
メール「@ocn.ne.jp」のメアドが無料でもらえる
回線ドコモ回線
契約最低利用期間・解約金なし。
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

OCNモバイルONEは10GBまでしか用意されていませんが、この容量ではトップクラスの安さを誇っています。

それでいて、ドコモ系列なので回線も安定。通話オプションも、10分かけ放題だけでなく無制限の完全かけ放題まで用意されている充実っぷりです。

ミュージックカウントフリーという、「amazon music」や「Spotify」など、音楽アプリを使うときのギガ消費がないオプションもありますが、その存在がかすむほど。

10GB以下で安く使いたい方におすすめできる格安SIMです。

もばくまくん
速度や料金の満足度が高い印象だね!
しむりん
amazonミュージックやLINE MUSICが通信消費なしで使えるオプションもあっておすすめ!

OCNモバイルはここがオススメ

  • ミュージックカウントフリーが便利
  • 月額料金が安い
  • 最低契約期間や違約金がない
  • 初月無料で使える
  • 通信速度は速い

【1位】楽天モバイル:キャリア化し更に便利に

楽天モバイル

回線楽天回線KDDI回線
料金0~1GB:0円
1GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB以上:3,278円
容量無制限5GB
通話無料
メールメールアドレスはもらえない
契約最低利用期間・解約金なし。
評価
  • 料金:
  • 充実度:
  • 速度:
  • サポート:
  • 解約:
  • 総合:

2020年4月に「Rakuten UN-LIMIT」とプランが一新された楽天モバイル。

月額3,278円で完全使い放題・かけ放題できる、これまでにない驚くべき内容になりました。

使い放題できるのは楽天回線エリアの方のみですが、パートナーエリアであるKDDI回線の方は月5GB。5GB使い切っても、1Mbpsの高速回線は保証されています(通常128kbpsだから8倍)。

回線エリアは、2021年3月を目処に全国展開を予定されているので、今加入しても損はありません。

さらに、海外にそのまま持っていけるのも便利で、海外から日本国内への通話が無料でかけ放題できます。

しむりん
ほかにも、楽天モバイルの強みは楽天ポイントとの連携!

楽天モバイルの利用で貯まったポイントを支払いに回せたり、楽天市場や楽天トラベルなどで貯まったポイントも使えたり、楽天サービスとあわせると最安クラスで使えます。

また、楽天モバイルを使っていると楽天市場でのお買物もポイント2倍。これに 楽天カード を組み合わせると4倍にもなるので、相当強い組み合わせです。

もばくまくん
満足している口コミが多いね!
しむりん
人気No.1の格安SIM!

楽天モバイルはここがオススメ

  • 完全かけ放題&使い放題
  • KDDIエリアでも最低1Mbpsの高速回線が保証
  • 楽天ポイントの連携がお得
  • そのまま海外でも使える
  • クレジットカードがなくても申し込める
  • 通信速度は速い

目的別で格安SIMを選ぶ【格安スマホ】

以上、おすすめの格安SIMを順番に紹介してきました。ただ、あなたがどういう格安SIM(格安スマホ)の使い方をしたいかによって、選び方も変わってくるかもしれません。

もばくまくん
携帯電話の使い方かぁ
しむりん
単純に安さなのか、速度重視なのかとかね。そういった利用目的ごとのおすすめ格安SIMをまとめたよ!

1番のおすすめは楽天モバイルです。速度・安さ・通話料金の全てで安定して使えます。

ただ、毎月10GBも使わない、という方ならOCNモバイルONEがおすすめ。このギガ帯ならOCNモバイルONEが1番安いです。

楽天モバイルやOCNモバイルONE以外の選択肢となると、ahamo・povo・LINEMOの3つの中から選ぶと良いでしょう。

運営がドコモで安定しているahamo、24時間データ使い放題が便利なpovo、LINEがギガ消費なしで使えるLINEMOと、それぞれ目的に応じて選べます。

マイネオやUQモバイル、ワイモバイルなどもありますが、正直、楽天モバイル・OCNモバイルONE・ahamo・povo・LINEMOの5社から選ぶのが間違いありません。

どのような使い方をしたいか考えて選んでみましょう!

おすすめ格安SIMまとめ【格安スマホ】

おすすめ格安SIM

以上、おすすめの格安SIMについて比較してきました。格安SIM選びは、以下の5社から選べば間違いありません。

大手キャリアのサブブランドの低価格化のため、無理に格安SIMを選ぶ必要がなくなりました。

楽天モバイルが合わない方はOCNモバイルONE、OCNがダメな方はahamo、と順番に下に降りていきましょう。

それでも格安SIM選びに悩む方は、私のTwitter(@zerohaji_mobile)までご一報ください。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば、誰でも毎月の携帯料金を3,000円~5,000円以上も節約することができます。

このまま大手携帯会社を使い続けていると、月が経つごとに損をしている状態になってしまうので、この機会に格安SIMをチェックしてみましょう!

とにかく安く使いたい」「動画をたくさん観たい」「家族で携帯代を安くしたい」といった利用目的にあわせて提案しているので、是非あなたにピッタリの格安SIMを見つけて下さいね。

記事をシェアする

-格安SIM比較

Copyright© ゼロハジ!ゼロから始める楽天モバイル , 2021 All Rights Reserved.