楽天モバイルについて

【キャリア化】楽天モバイルはどうなる?正式プラン・回線・料金は?出ている情報まとめ

投稿日:2019年11月19日 更新日:

楽天モバイルは現在、「第4の携帯会社」としてキャリア化になるべく動いている格安SIMです。

第4の携帯会社とは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社に次ぐ4番目の携帯キャリアになるということ。

それに先駆けて、2019年10月より「無料サポートプログラム」が開始。これは、楽天の独自回線を実験するような施策といえます。

もばくまくん
あれ?楽天モバイルはどうなるの?
しむりん
うん、そこで現状出ている情報を整理してみたよ!

楽天モバイルにご契約中の方や、これから乗り換えを検討されている方は気になるところですよね。

いま出ている情報を整理し結論付けるならば、あくまで予想ではありますが

今契約中の方もこれから乗り換えを検討している方も問題なし!

です。

もばくまくん
え?どうして?
しむりん
これから解説するよ!

それでは、どうしてこの結論になるのか説明していきます!

楽天の携帯事業参入で出ている情報を整理

しむりん
今出ている情報を整理すると次のようになるよ!
  • 現在、楽天回線が提供されつつある
  • 2019年10月より5,000名限定で「無料サポートプログラム」開始
  • 2020年4月以降に楽天回線を使った正式プランの発表
  • 楽天ポイントとの連携は今後も同様

楽天携帯事業参入にあたって疑問になるのは、

  1. サービス内容はどうなのか?
  2. 楽天モバイルはどうなるのか?

の2点が多いですね。

それでは、現在公開されている情報を整理しながら、解説していきます。

楽天回線とは?

楽天モバイルは、現状ドコモとauから回線を借りて運営しています。これはどこの格安SIMも同じ。

2019年10月より始まった「無料サポートプログラム」は、楽天独自の回線「楽天回線」のテストプログラムともいえるものです。

楽天が第4の携帯会社になるにあたって、いつまでもドコモやauから回線を借りて運営するわけにはいきませんからね。

楽天は今必死に基地局整備を進めており、楽天回線を正式発表後「つながらない!」なんて事態が起こらないよう対処しています。

楽天回線への移行で選択できるプラン

利用中のプラン申し込み時期/
プラン変更時期
楽天回線への移行時に選択できるプラン
スーパーホーダイ組み合わせプラン正式プラン
スーパーホーダイ2019年9月以前×
2019年10月以降××
組み合わせプラン2019年9月以前×
2019年10月以降××
その他プラン(コミコミプランなど)××

ちょっとわかりづらいですが、2019年10月以降は、楽天回線に移行すると「正式プラン」しか選べません。

現在は「ドコモ回線」と「au回線」で申し込めるので、楽天回線に移行するのは「無料サポートプログラム」利用者のみです。

しむりん
楽天回線は、楽天モバイルの契約後の話だから今は考えなくてOK!

楽天回線に対応しているスマホ端末

楽天回線に対応しているスマホは次のとおりです。

2019年10月以降発売予定の製品

  • Xperia Ace:販売中
  • Galaxy A7:販売中
  • Galaxy S10:12月中発売
  • AQUOS sense3 lite:販売中
  • AQUOS sense3 plus:12月中発売
  • arrows RX:販売中
  • OPPO Reno A 128GB:販売中
  • OPPO A5 2020:12月中発売
  • Aterm MP02LN:販売中
  • Aterm MR05LN RW:販売中

2019年以前に発売されたスマホは、ソフトウェアのアップデートが必要です。

スマホの機種ごとに、ソフトウェアのアップデート時期が違うので下記を参考にしてください。

2019年9月以前に発売した製品

  • AQUOS zero SH-M10:配信中
  • AQUOS R2 compact SH-M09:配信中
  • AQUOS sense2 SH-M08:配信中
  • AQUOS sense plus SH-M07:12月上旬以降配信
  • AQUOS R compact SH-M06:12月上旬以降配信
  • AQUOS sense lite SH-M05:配信中
  • Reno 10x Zoom:12月上旬以降配信
  • AX7:11月中旬以降配信
  • R17 Pro:12月上旬以降配信
  • Find X:12月上旬以降配信
  • HUAWEI P30 lite:配信中
  • HUAWEI nova lite 3:配信中
  • Aterm MR05LN:配信中

これはあくまで楽天回線なので、これまで通りドコモ回線やau回線で楽天モバイルを使う方には関係ありません。

楽天の携帯事業のサービスはどうなる?

楽天

楽天が第4の携帯会社になることで、ドコモ・au・ソフトバンクと比較して大きなポイントとなるのは次の3点でしょう。

  1. 楽天モバイルと同水準の低料金(楽天モバイルの料金について
  2. 楽天ポイントとの連携(楽天モバイルのサービスについて
  3. 速度は数年かけて向上予定(楽天モバイルの今の速度

料金は格安で楽天ポイントとも連携

楽天市場での買い物がポイント最大12倍!

楽天サービスで魅力なのは楽天ポイントですね。楽天ポイントは楽天サービスを使うことで貯まりますが、1円=1ポイントで使えます。

楽天モバイルを使っていれば、楽天市場での買い物でポイントが通常よりも3倍貯まるようになっています。例えば、1,000円のお買い物をしたら10ポイントが貯まりますが、楽天モバイルを使っていると30ポイントになります。

更に、ここで楽天カードを使っているとポイントが5倍になり50ポイントと、どんどん貯まる仕組みになっています。

関連楽天ポイントの活用法まとめ

貯まったポイントは楽天モバイルの支払いに使うこともできるので、ポイントが貯まっていたら楽天モバイルの利用料金を0にすることもできちゃうわけです。

こういった楽天ポイントとの連携は、新しい携帯事業でも引き続き行われる予定です。

また、楽天携帯の料金は楽天モバイルと同水準になることが発表されているので、スマホを毎月1,000~3,000円台で利用することができるようになります。

現状他の3社が7,000~8,000円台ということを考えると、携帯事業を大きく揺るがす参入になりますね。

楽天は来年10月にもサービスを始め、料金プランは現在、手がけている格安スマホと同じ水準を予定しているとしていて、実現すれば大手3社を下回る水準になります。

携帯電話サービスでも「楽天ポイント」を利用したさまざまな優遇策を打ち出し、顧客を囲い込む戦略です。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180406/k10011393581000.html

携帯事業の通信速度

現状出ている情報を整理すると、通信速度の向上には次の戦略をとるようです。

  • 現在はドコモ回線・au回線を借りて運営
  • 2020年4月以降は楽天の独自回線で展開
  • 当初はドコモ回線・au回線・楽天回線の並行で運営?
  • そのために設備投資を随時行っていく予定
しむりん
つまり、最初は楽天モバイルのように回線を借りてやるけど、徐々に楽天の独自回線を使っていく、ってことだね!

最初は楽天モバイル同様、大手キャリアと比べると回線速度は遅くはなりますが、楽天自体が自前回線に投資をしていくにつれ速度問題は解決されることが予想されます。

とはいえ、現状の楽天モバイルも、他の格安SIMと比べても速い方であることは確かなので、大きな不満は出ないでしょう。

関連楽天モバイルと他の格安SIMとの速度を比較

楽天は、携帯電話サービスを展開するにあたって、7年後の2025年までに、金融機関の借り入れや親会社からの出資で6300億円を調達して設備投資を進める方針を示しています。

全国で基地局の整備を終えるまでの間、NTTドコモの設備を借りる交渉を始める方針で、どのような条件で折り合えるかが、楽天の携帯電話事業の収益や成否を左右するという見方もあります。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180406/k10011393581000.html

楽天モバイルは今後どうなる?

楽天モバイル

1番気になるのは、「今後楽天モバイルはどうなるのか?」という点でしょう。

これは明確に楽天代表の三木谷浩史社長より、

「基本的に格安スマホ事業のユーザーは、システム的な準備が整いしだい、順次、新サービスに移ってもらう」

という発表がなされています。

もばくまくん
え?楽天モバイルは終わっちゃうの?
しむりん
楽天モバイルが終わるというより、新しい携帯事業と一緒になると言ったほうがいいよ!

楽天からは、楽天モバイルのサービスが終了するかどうかは明らかにされていません。

楽天モバイルと料金もサービス内容も同じ事業を展開するのに、楽天モバイルを残しておく理由はありません。

なので、楽天モバイルと新しい携帯事業は統合し、楽天モバイルユーザーは新しい携帯サービスに移ってもらうことになるでしょう。

ただ、こっちの方が楽天モバイルユーザーにとってメリットは大きく、

  • 他の格安SIMより回線が速くなる!
  • 速いのに料金はそのまま格安SIM最安値クラス!

というサービスが受けられるわけです。

しむりん
大手キャリアに並ぶ速度で格安料金を目指しているから、楽天モバイルのメリットはどんどん大きくなるよね!

現在楽天モバイルユーザーは150万人を超えていますが、今契約している方もこれから契約するかどうか迷っている方も、全く心配はないと考えていいです。

楽天モバイルの正式プランは2020年4月以降使える予定とのことなので、その日を待つことにしましょう!

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180406/k10011393581000.html

最後に-今後の楽天モバイルの予想

以上、楽天が第4の携帯会社になるにあたり、今後楽天モバイルはどうなるのか予想をまとめました。

しむりん
結論をもう一度まとめると次の通り!

携帯事業の概要

  • 楽天モバイルと同水準の低料金
  • 楽天ポイントとの連携
  • 最初はドコモ回線・au回線を借りて運営
  • 2020年4月以降、徐々に楽天回線に移行
  • 最終的には速度はキャリアと変わらず格安料金を目指す

今後の楽天モバイル

  • 2020年4月以降、新プランが発表される予定
  • 楽天モバイルは新サービスに吸収されると予想
  • スーパーホーダイや組み合わせプランが2020年4月以降どうなるかは不明
  • 料金は楽天モバイルと同水準なので心配不要
  • 速度は楽天モバイルより速くなるのは確実
  • 楽天モバイル利用者や今検討している方は心配なし!

というわけで、今後も楽天モバイルを使い続けて問題ありませんし、今楽天モバイルへの契約・乗り換えを迷っている方も、心配なく契約可能です。

大手キャリアの2年縛りを解除して違約金を払ってでも、楽天モバイルに乗り換えた方が毎月格安なので3~4ヶ月で元が取れます。

このまま大手キャリアで使い続けるより、将来性のある楽天モバイルに乗り換える方がメリットは大きいので、この機会にチェックしてみてくださいね!

よく読まれている記事

楽天モバイルのメリット 1

楽天ポイントや安い料金などが魅力の楽天モバイル。実際、格安SIMでは最も多い150万人が利用しています。 ただ、なぜ人気なのか?本当に楽天モバイルを選んで後悔はないのか? いざ、楽天モバイルへ乗り換え ...

楽天モバイルのデメリット 2

楽天モバイルは、楽天ポイントの連携や格安料金が評判で、利用者150万人を超える人気の格安SIMです。 しかし、もちろんデメリットもあります。 乗り換えた後で後悔したくない…。 どんな点に注意すべきか確 ...

楽天モバイルの料金プランや選び方 3

楽天モバイルには「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2種類あります。 どれも料金・ギガ容量も違うので、初めての方は どのプランを選べばいいの? どっちが自分にあっているの? と結構迷う方もいる ...

楽天モバイルの申込方法 4

今や利用者150万人と、格安SIMでもNo.1をほこる楽天モバイル。 ただ、これから楽天モバイルに申し込もうと思っても、ではどうしたらいいの?と感じる方も多いです。 楽天モバイルのホームページは少しご ...

楽天モバイルへのMNP方法 5

料金の安さや楽天ポイントとの連携がお得な楽天モバイル。 現在利用者は150万人を超えていて、格安SIMの中でもずば抜けて多いです。 契約してみたいけど、楽天モバイルの乗り換え方法がわからない・・・ な ...

-楽天モバイルについて
-

Copyright© 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める格安SIM , 2020 All Rights Reserved.