楽天モバイルについて

【落とし穴】楽天モバイルで5Gがスタート!今後どうなる?変わる格安SIMの選び方

更新日:

楽天モバイルが「第4の携帯会社」となり、5Gプランとなる「Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット 5G)」も発表されました。

第4の携帯会社とは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社に次ぐ4番目の携帯キャリアになるということ。

また、5Gも対応し、携帯会社としてさらなる飛躍が期待されています。

今後の楽天モバイルはどうなる?

300万人キャンペーンの現状は?

と疑問に思う方も多いことでしょう。特に、現在は先着300万名対象に1年間無料を打ち出しているので、それも気になるところです。

結論からいえば、300万名に達する前に申し込むべき、という感想です。

しばらくは様子見という結論でしたが、内容をみるに申し込まない手はありません。

新しく発表された楽天モバイルのプランや今後の構想についてまとめていきます。

【最新】5Gが使える楽天モバイルの料金プラン「UN-LIMIT V」

Rakuten UN-LIMIT V

料金2,980円
エリア国内海外
楽天回線KDDI
通信完全使い放題5GB2GB
低速時無制限なので関係なし1Mbps128Kbps
通話完全かけ放題海外→国内:かけ放題
国内/海外→海外:980円/月
SMS完全使い放題

新プランは「UN-LIMIT V(アンリミット 5G)」という名前で料金は2,980円。これだけです。

スマホ・エリアが対応してさえいれば、超高速・大容量通信ができる5Gも使えます。

たった1つのプランしか提供しないのは、大手キャリアや格安SIMにもありません。

しかも、データは使い放題。つまり何ギガ使っても大丈夫ということです。また、これまで同様最低利用期間も解約金もありません。

もばくまくん
通話の、国内/海外から海外にかけると月に980円かかるのはどういうこと?
しむりん
これは有料オプションの「国際通話かけ放題」を使うんだよ!月額980円で使えるよ
もばくまくん
エリアが、楽天回線とKDDIの2つがあるのはなぜ?
しむりん
楽天回線はまだ全国展開でなく、一部のみの提供なんだ。楽天回線エリア以外は、KDDI(au)回線を借りて運営されるんだよ

現在、楽天回線が展開されているのは東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都といった一部の都市部のみです。

それ以外で楽天モバイルを使うとKDDI回線で接続されます。こちらは使い放題でなく、1ヶ月5GBプランと同じなので注意しましょう。

「UN-LIMIT V」については「Rakuten UN-LIMIT Vについて徹底解説」の記事で詳しく紹介しているので合わせて確認してみてください。

5Gが使えるスマホは?

5Gはエリアが対応していることもそうですが、まずスマホが5G通信に対応していないといけません

  • 5G対応エリア
  • 5G対応スマホ

現状、この2点が拡大することを待つ必要があります。

特に、5Gスマホは現状少ないので、5G対応スマホが楽天モバイルの5Gエリアで使えるかどうかも情報が出揃っていません。

もばくまくん
なるほど、まだまだ様子見ということか
しむりん
そうだね。でも、5G対応プランだからといって料金が高くなることもないし、4Gもこれまで通り使えるから気にする必要はないよ!

楽天モバイルのプランが「UN-LIMIT V(アンリミット 5G)」になったからといって、5G対応になっただけで他は何も変わりません。ご安心ください。

楽天モバイルでも5Gスマホが買える

Rakuten BIG

これまで楽天モバイルオリジナルスマホは楽天ミニだけでしたが、第2弾となるオリジナルスマホ、楽天ビッグ(Rakuten BIG)が登場しました。

Rakuten BIGの特徴

  • 5Gの高速通信対応
  • 6.9インチの超大型 有機ELディスプレイ
  • 超広角カメラつき
  • 防水防塵仕様
  • おサイフケータイ機能付き
  • ディスプレイ指紋認証

なにげに嬉しいのが「ディスプレイ指紋認証」。

マスクを付けないといけない昨今、iPhoneの顔認証は不便すぎます。対して、楽天ビッグはディスプレイを触るだけでOKの指紋認証。

その他の機能も揃っており、5G時代を過ごす上で十分な性能のスマホとなっています。

今楽天モバイルに契約している人はどうすればいい?

5Gアップグレード

今楽天モバイルをお使いの方も安心。5Gプランにアップグレードできます。もちろん、追加費用もありません。

2020年10月以降は自動アップグレードされていきますので、特別な申し込みも不要です。

今お使いの方には、楽天モバイルより「【重要】5Gプランへアップグレードのお知らせ」という件名でメールが届いているので確認しておきましょう。

5G対応したということ以外は、これまでの楽天モバイルと何も変わらないので安心して使えます。

楽天モバイル「UN-LIMIT V」の注意点

300万人が無料で使える楽天モバイルの「UN-LIMIT V(アンリミット)」プラン。

急いで申し込まないと!と思うかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

いくつか注意点があるので確認しましょう。

回線エリアが一部大都市のみ

楽天モバイルのエリア拡大予定

「UN-LIMIT(アンリミット)」プランで使えるギガ使い放題。これは楽天回線が使える都市限定です。

楽天回線が展開されているのは東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都といった一部の都市部のみ。

5G対応エリアも、東京都世田谷区、さいたま市の一部地域、大阪市の一部地域などごく一部のみです。対応エリアの最新版は「回線エリア最新情報まとめ」の記事を確認してみてください。

楽天回線以外の地域は、au回線で月5GBでしか使えません。月5GBが2,980円なのは少し割高です。

とはいえ、1年間は無料で使えるわけです。5GB使い切った後でも1Mbpsの高速通信が保証されています。

1年後には楽天回線が全国対応されている予定なので、まずは申し込んでみるのもありです。

しむりん
最低利用期間や違約金もないから、あとで他社に乗り換えるのもいいしね!

代わりの格安SIMを探す

毎月5GB~6GB程度しか使わない方にとっては割高

楽天モバイルの無制限プランは月額2,980円です。他のプランはありません。

逆に言えば、無制限も使わない方にとっては割高になってしまいます。

例えば、 mineo(マイネオ) の場合、6GBの料金は2,190円と楽天モバイルより安いです。

他社の料金

6GB以下を選べばもっと安くなるので、そこまで使わない方は他の格安SIMを選んだほうがお得です。

代わりの格安SIMを探す

データSIMが使えなくなる

楽天モバイルの「UN-LIMIT V」は通話プランのみ。

ということは、データ通信のみのデータSIMプランはなくなってしまいます。

今まで楽天モバイルのデータSIMを使っていた方、これからデータSIMを使おうとしている方は別の格安SIMを探さないといけません。

おすすめのデータSIMについては、「データSIMが選べるおすすめ格安SIM」で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

代わりのデータSIMを探す

新プラン「UN-LIMIT V」はお得なの?

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT V」は本当にお得なのかどうか検証します。

UN-LIMIT Vがお得な人とお得でない人

まず、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都に住んでいる方にとってはお得です。1年間無料で使えるわけですから。

楽天回線エリアでない人もお得といえます。毎月5GBまで使えますし、そもそも1年間無料なわけです。

ただ、iPhoneを使っている方は、無理に申し込む必要はありません。

iPhone未対応・楽天回線全国未対応の段階で旧プランと「UN-LIMIT V」は統合しないでしょうし、それまでは同時並行で進むことが予想されます。

Androidスマホでも問題ないという方や、まずはお試し感覚でサブ回線として使ってみたいという方におすすめです。

関連楽天モバイルは遅い?自社回線エリアとパートナーエリア最新情報まとめ

楽天回線が未対応の場合、料金はこうなる

回線未対応の地域の方は、月に5GBしか使えません。5GB使い切った後でも、1Mbpsの高速通信は保証されています。

それでも、もっと高速で使いたい方もいると思うので、使い切るごとに1GBチャージすると料金はどうなるか検証してみました。

5GB2,980円
6GB3,480円
7GB3,980円
8GB4,480円
9GB4,980円
10GB5,480円

他の格安SIMだと2,000円台で提供されている6GBが3,480円なので、少し割高です。

しかし、2021年3月には全国対応しますし、それまでは1年間無料です。

無料期間が終わる頃には全国対応しているので、とりあえず加入するのもおすすめです。

代わりの格安SIMを探す

「UN-LIMIT V」を選ばない人におすすめの格安SIM

ここからは、楽天モバイルの「UN-LIMIT V」を選ばない方向けのおすすめ格安SIMを紹介します。

「UN-LIMIT V」が全国対応するまで待ちたいという方は、ひとまずここで紹介する格安SIMを使うのもおすすめ。

また、6GB以下しか使わないからもっと安くしたい!という方にもおすすめしていきます。

もばくまくん
6GB以下くらいなら、アンリミットより安くなるよね!

1位:UQモバイル

UQモバイル

プランSR
料金1,980円2,980円
容量3GB10GB
通話
  • 10分かけ放題:月額700円
  • 毎月60分まで通話無料:月額500円
  • 完全かけ放題:月額1,700円
メール月額200円で「@uqmobile.jp」のメアドが使える
回線au回線
契約最低利用期間・解約金なし。

1番おすすめするのはUQモバイル。10GBのRプランはまさに楽天モバイルを選ばない方のためにあるようなプランです。

楽天モバイルの場合、回線エリア外は月5GB・かけ放題なしになってしまいます。

そんな方向けのプランがUQモバイルのRプラン。月10GB使えて料金は2,980円と楽天モバイルと変わりません。

かけ放題もつけられますし、料金もかなり安いです。

UQモバイルはauのサブブランドということもあって通信速度が圧倒的に速く、混みやすい時間帯でも安定した速度を誇るのが特徴。

速度においては大手キャリアと比べてもほぼ一緒ですし、楽天モバイルの代わりに使うなら1番です。

家族割も使え、2回線目以降は1回線ごとに毎月500円割引できるのもメリットです。

しむりん
通話ができないデータ専用プランもあるよ!

+ データプラン(クリックで開きます)

プラン料金容量
データ高速980円3GB
データ無制限1,980円無制限

※データ無制限プランは、無制限の代わりに速度が遅いプランになっています。

楽天回線エリア外の方は、まずUQモバイルを選んで間違いありません。

もばくまくん
UQモバイルも速度の口コミ評価は高いね!
しむりん
速度の速さは格安SIMでNo.1!

こんな方におすすめ

  • 楽天回線エリア外の方
  • 通話もある程度使う方
  • 速度にこだわりたい方

2位:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

プラン音声通話データ
容量
料金
500MB1,310円700円
3GB1,510円900円
6GB2,190円1,580円
10GB3,130円2,520円
20GB4,590円3,980円
30GB6,510円5,900円
通話
  • 基本通話料:20円/30秒
  • mineoでんわ使用時:10円/30秒
  • 10分かけ放題:月額850円
  • 毎月30分まで通話無料:月額840円
  • 毎月60分まで通話無料:月額1,680円
メール「@mineo.jp」のメアドが無料でもらえる
回線ドコモ・au・ソフトバンク回線
契約最低利用期間・解約金なし。

mineo(マイネオ)は、3GBでも6GBでも楽天モバイルより安く使える格安SIMです。

しむりん
マイネオはドコモ・au・ソフトバンク回線が使えるけど、料金がそれぞれ違うから注意してね!

+ 回線ごとの料金(クリックで開きます)

デュアルタイプ
シングルタイプ
容量DプランAプランSプラン
500MB1,400円1,310円1,750円
3GB1,600円1,510円1,950円
6GB2,280円2,190円2,630円
10GB3,220円3,130円3,570円
20GB4,680円4,590円5,030円
30GB6,600円6,510円6,950円
容量DプランAプランSプラン
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円
  • Dプラン:ドコモプラン
  • Aプラン:auプラン
  • Sプラン:ソフトバンクプラン
  • Dプラン:ドコモ回線
  • Aプラン:au回線
  • Sプラン:ソフトバンク回線

マイネオでは、初心者でも使いやすいよう配慮された独自機能が多いのが特徴。

「フリータンク」という機能があり、マイネオユーザーが余ったデータ容量を寄付してストックしている場所があります。そこから、毎月1GBまでもらうことができます。

他にも、マイネ王という独自コミュニティを作成し、ユーザー同士が相談し合う環境も用意されています。

ヤフー知恵袋のように、他のユーザーが質問に答えてくれますので、初心者も安心です。

mineo(マイネオ)はドコモ・au・ソフトバンク全回線に対応しており、乗り換えやすいのも大きなポイント。

もばくまくん
安いって口コミが多かった!
しむりん
ユーザーへの配慮はNo.1!

こんな方におすすめ

  • 3GBや6GBを安く使いたい方
  • 通話はそこまで使わない方
  • 簡単に乗り換えしたい方

3位:IIJmio

IIJmio

プラン音声通話データ
+SMS
データのみ
容量
料金
3GB1,600円1,040円(ドコモ)
900円(au)
900円
6GB2,220円1,660円(ドコモ)
1,520円(au)
1,520円
12GB3,260円2,700円(ドコモ)
2,560円(au)
2,560円
通話
  • 基本通話料:20円/30秒
  • みおふぉんダイアル使用時:10円/30秒
  • 3分かけ放題:月額600円
  • 10分かけ放題:月額830円
メール月額300円で専用メールアドレスが使える
回線ドコモ・au回線
契約最低利用期間は1年間。期間中の解約は1,000円

IIJmioは満足度も高く、信頼感のある格安SIMサービス。

プランはMAX12GBと少ないですが、大容量オプションを使うことで+20GB、+30GBにすることもできます。

12GBを家族とシェアすれば、その分携帯料金も安くできます。

IIJmioで注目すべきなのはeSIMが使える点。

「eSIMプラン」とは?

eSIMとは、スマホに最初から入っているSIMカードを使う仕組みのこと。これにより、他社に乗り換えることなくIIJmioが使えます。

詳細は「IIJmioのeSIMを徹底解説」で詳しく紹介しています。

しむりん
今契約している携帯会社+IIJmioのeSIMという形にできるんだよ
もばくまくん
今の携帯会社の容量を減らせば、eSIM分で使えるから安くなるのか!

iPhone11以降ならeSIMが入っているので、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」とIIJmioのeSIMとで使えるわけです。

「Rakuten UN-LIMIT V」はiPhoneには対応していないので、iPhoneに挿しても使えません。

しかし、eSIMをIIJmioで通信できるようにすれば、「Rakuten UN-LIMIT V」を使いながらeSIMが使えます。

「Rakuten UN-LIMIT V」がiPhoneやエリア対応するまではIIJmioのeSIMで、対応後は楽天モバイルを使うようにすればいいわけです。

契約して1年間は無料なので、払う料金はIIJmioのeSIMだけ。iPhone対応やエリア対応後は、eSIMは解約しておきましょう。

あくまで繋ぎという役割ですが、「Rakuten UN-LIMIT V」が1年間無料だからこそ使える裏技。

少しでも安く使いたい方は、IIJmioのeSIMプランがおすすめです!

こんな方におすすめ

  • iPhone対応・エリア対応までのつなぎで使いたい方
  • iPhone11以上を使っている方
  • 家族で安く使いたい方

4位:LINEモバイル

LINEモバイル

プラン音声通話データ
+SMS
容量
料金
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円
通話
  • 基本通話料:20円/30秒
  • いつでも電話使用時:10円/30秒
  • 10分かけ放題:月額880円
メールメールアドレスの提供なし
回線ドコモ・au・ソフトバンク回線
契約最低利用期間はないがいつ解約しても解約手数料1,000円

LINEモバイルは、SNSが使い放題になるカウントフリー(データフリー)が使える格安SIMです。

上記の基本料金に、無料でLINEでの通話や通信がデータ通信量の消費なしで利用できるようになります。

しむりん
他のSNSも、次のオプションに加入するとデータフリーが使えるようになるよ!
オプション月額対象SNS
SNSデータフリー280円LINE・twitter・Facebook
SNS音楽データフリー480円LINE・twitter・Facebook・instagram・LINE MUSIC

楽天モバイルの代わりとして使うなら、3GB+SNSフリーの組み合わせがおすすめ。

これなら、SNSを使ってもデータ消費しませんし、料金も安いままです。

逆に、6GBにSNSデータフリーを加えると割高になってしまい、楽天モバイルとさほど変わらなくなってしまいます。

通話がかけ放題できる分、楽天モバイルの方がお得です。

SNSをメインに使う方には、LINEモバイルがおすすめです。

もばくまくん
SNSフリーが好評だね!
しむりん
LINEやインスタなどSNS中心に使う人におすすめ!

こんな方におすすめ

  • 3GBで十分という方
  • SNSメインで使う方
  • 簡単に乗り換えしたい方

5位:Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルのメイン画像

 プランSプランMプランR
料金1,980円
7ヶ月目から2,680円
2,980円
7ヶ月目から3,680円
3,980円
7ヶ月目から4,680円
容量4GB
3年目から3GB
13GB
3年目から10GB
17GB
3年目から14GB
通話
  • 10分かけ放題:最初から使える
    10分以上は20円/30秒
  • スーパーだれとでも定額:月額1,000円
メール「@ymobile.ne.jp」のメアドが無料でもらえる
回線ソフトバンク回線
契約最低利用期間・解約金なし。

Y!mobile(ワイモバイル)も、ソフトバンクが運営しているだけあって、UQモバイル並に速い格安SIMです。

UQモバイルとの違いはさほどありません。挙げるなら、家族割に加入しやすい点やYahoo!プレミアム特典が無料で使えるという点です。

UQモバイルの場合、家族割は申込後に電話で別途申し込まないといけません。

その点、ワイモバイルは申込と同時に適用できるので楽です。UQモバイルと同じく、2回線目以降毎月500円割引と内容も一緒です。

3GBで十分という方で、Yahoo!サービスを使いたい方におすすめです。

もばくまくん
ワイモバイルは速度に関する評判がいいね!
しむりん
格安SIMというより安い大手キャリアという感じ!

こんな方におすすめ

  • 3GBで十分という方
  • 簡単に家族割を使いたい方
  • Yahoo!プレミアム特典を使いたい方
  • 速度にこだわりたい方

どうなる?楽天モバイルの今後まとめ

以上、新しく発表された楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT V」についてまとめました。

楽天回線の対応地域以外でも毎月5GBは使えるので、多くの方におすすめできるサービスとなりました。

対応地域以外の方で、どうしても快適に使いたいという方は、回線も安定している「 UQモバイル 」や「 ワイモバイル 」に申し込むのが良いでしょう。

3GB以上使いたい方には「 mineo(マイネオ) 」がおすすめです。

楽天モバイルを選ばなくても、格安SIMに乗り換えれば十分携帯料金は節約できます。

その上で、来年以降「UN-LIMIT V」が全国対応していれば乗り換えを考えてみましょう!

しむりん
まずはUQやマイネオに乗り換えて携帯料金を安くするのもありだよ!

関連Rakuten UN-LIMIT Vについて徹底解説

記事をシェアする

-楽天モバイルについて
-

Copyright© ゼロハジ!ゼロから始める楽天モバイル , 2020 All Rights Reserved.