楽天モバイルについて WiFi

楽天モバイルのモバイルルーターはHUAWEI E5577とAterm MR05LNどちらがいい?比較してみた

投稿日:2017年8月30日 更新日:

もばくまくん
楽天モバイルでポケットWiFiを使いたいクマ!
もばくまくん
でも、WiFiルーターが2つ選べるんだけど、どっちがいいクマ?

楽天モバイルでは、HUAWEI E5577とAterm MR05LNのWiFiルーターを購入できます。

しむりん
スペック的には、Aterm MR05LNがおすすめかな!

この2つのWiFiルーター、見た感じ違いがよくわからないし、なんかHUAWEI E5577の方がポケットWiFiっぽい、だけどAterm MR05LNもしゅっとしてて高性能感ある、、、とまぁどっちを選んでいいのかわからない方は多いと思います。

結論から言うと、Aterm MR05LNのほうが断然おすすめです!

別にしゅっとしているからではなく(笑)、きちんと理由もありますので、HUAWEI E5577とAterm MR05LNを比較しその理由を解説します!

▼公式サイトはコチラから▼

HUAWEI E5577とAterm MR05LNを比較!

しむりん
まずは、この両者のスペックを比較してみたよ!
 HUAWEI E5577Aterm MR05LN
回線速度300Mbps375Mbps
同時接続台数10台10台
バッテリー12時間14時間
幅x高さx奥行96.8x58x17.3 mm63x11x115 mm
重さ112g115g
SIMスロット標準SIMnanoSIM×2
バッテリー容量3,000mAh2,500mAh
対応通信方式FDD LTE
WCDMA
GSM
LTE
HSPA
WCDMA
Bluetooth
値段分割:441円×24ヶ月
一括:10,584円
分割:985円×24ヶ月
一括:23,652円

HUAWEI E5577もAterm MR05LNも、さほどスペックの差はありません。値段やサイズが違う点と、HUAWEI E5577はBluetoothが使えないといった点くらいでしょうか。Bluetoothで通信しない方にとっては不要な機能でもありますね。

料金を比較

HUAWEI E5577の月々の料金

HUAWEI E5577を選ぶなら、一括なら1万円と少し、分割なら毎月441円で使うことができます。

分割で考えた場合、楽天モバイルのデータSIMの料金が最安で525円なので、月額966円で使い始めることが可能です。

通話SIM050データSIMデータSIM
ベーシック1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

楽天モバイルの組み合わせプランは、横軸の通話SIM、050データSIM、データSIMのプランを選び、縦軸のデータ通信量を選ぶ形式です。

各SIMプランの違い

楽天モバイルでは、組み合わせプランの中が3つに分かれており、ここで混乱する方が多いかと思います。

1番左端の通話SIMは、電話もインターネット通信もできるプランで、大手キャリア(docomo・au・SoftBank)のような使い方ができます。多くの方はこちらを選ぶかと思います。

基本的には、組み合わせプランはこの通話SIMを見ておけばいいです。

一番右端のデータSIMの場合はデータ通信のみで、電話機能は使えません。このデータSIMにSMS機能を付けたのが050データSIMです。

データSIMも050データSIMも選ぶ方は少数で、スマホの2台持ちやiPadなどのタブレット端末を安く使いたい方はこちらの選択肢になります。

しむりん
楽天モバイルのデータSIMとE5577をあわせると次のような料金になるね!
  • ベーシック:966円
  • 3.1GB:1,341円
  • 5GB:1,891円
  • 10GB:2,701円
  • 20GB:4,491円
  • 30GB:5,891円

10GBでも3,000円ないに収まりますので、WiMAXとか使うより安めに抑えることができます!

Aterm MR05LNの月々の料金

しむりん
楽天モバイルのデータSIMとMR05LNをあわせると次のような料金になるね!
  • ベーシック:1,510円
  • 3.1GB:1,885円
  • 5GB:2,435円
  • 10GB:3,245円
  • 20GB:5,035円
  • 30GB:6,435円

MR05LNは分割払いを選ぶと毎月985円加算されるので、HUAWEI E5577より高い料金となります。

通信速度を比較

通信速度を比較すると、HUAWEI E5577は300Mbps、Aterm MR05LNは375Mbpsとなっています。

MR05LNのほうが少し速いですが、これは理論上の数字であって、実際利用する時はこの速度が出ることはありません。300Mbpsあれば問題ないので、E5577でも問題なく使うことができます。

バッテリー持ちを比較

次にバッテリーの持ち具合を比較すると、HUAWEI E5577は12時間、Aterm MR05LNは14時間であることがわかります。

Aterm MR05LNのほうが電池持ちがよいので、長時間外で使っていても電池切れの心配なく使えますね。

バッテリー時間を詳しくみると次のようになります。

HUAWEI E5577のバッテリー持ち時間

  • Wi-Fi通信:約12時間
  • 待ち受け:約600時間

Aterm MR05LNのバッテリー持ち時間

  • Wi-Fi通信:約14時間
  • Bluetooth通信:約30時間
  • 待ち受け:約1250時間

こうして比較すると、Aterm MR05LNの方が電池持ちが良いことがわかります。HUAWEI E5577よりも優れているので、屋外でバリバリ使う人にもおすすめです。余裕で1日持ちますね。

HUAWEI E5577とAterm MR05LNの比較結果

HUAWEI E5577とAterm MR05LNの比較結果

以上、楽天モバイルで選べるHUAWEI E5577とAterm MR05LNとを比較しました。

結論としては、通信速度もバッテリーも優れているAterm MR05LNが断然おすすめです!

Aterm MR05LNなら屋外で結構ヘビーに使ってもバッテリーの心配をすることが少なくて済みますし、速度も問題ないのでストレスを感じません。

一方値段で選ぶならHUAWEI E5577になります。MR05LNの半額程度の料金で済みますし、楽天モバイルの月額料金と合わせてもさほど変わりません。ヘビーには使わないけどたまに使うことがある、という方ならHUAWEI E5577でも問題ないです!

楽天モバイルでは、申込時にこれらのWiFiルーターと一緒に購入できるので、楽天モバイルでWiFiを使いたい方は公式サイトから申し込んでみて下さいね!

通話SIMではなく、データSIMを選ぶようにしましょう!

よく読まれている記事

1

格安SIM会社は、楽天モバイル以外にも山のようにあります。 楽天モバイル以外には、mineo(マイネオ)、BIGLOBE、UQモバイル、IIJmio、DMMモバイル、LINEモバイルなど、それこそ挙げ ...

2

楽天モバイルはお得だし、早速乗り換えよう! ・・・といいたいところですが、契約前にチェックしておきたいポイントもあります。楽天モバイルはメリットが充実しているのですが、その反面デメリットも存在します。 ...

3

楽天モバイルのスーパーホーダイプランが登場して、選択肢がかなり広くなりました。ただ、どちらを選べばいいのかわからなくなった方も多いと思います。 楽天モバイルの料金プランの選び方は、ざっくりまとめると次 ...

楽天モバイル 4

楽天モバイルのホームページは少しごちゃごちゃしていて、わかりづらい点がありますよね。せっかく良いサービスなのでもったいないですが・・・。 そのため、この記事で楽天モバイルへの申込方法について詳しく解説 ...

5

キャリア別乗り換え方法 ドコモから楽天モバイルに乗り換える方法 auから楽天モバイルに乗り換える方法 ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える方法 この記事の目次1 まず始めに、MNPの手続きを理解し ...

-楽天モバイルについて, WiFi
-,

Copyright© 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める格安SIM , 2018 All Rights Reserved.