楽天モバイルについて

楽天モバイルとおサイフケータイの組み合わせが最強の節約術!楽天Edyでお得に使える運用方法を徹底解説

更新日:

しむりん
おサイフケータイは使ってる?
もばくまくん
おサイフケータイ?
しむりん
携帯端末で決済できるサービスのことだよ!
おサイフケータイとは?

おサイフケータイとは、簡単に言うとスマホやガラケーといった携帯端末をかざすだけで決済できるサービスです。コンビニやスーパーなどで、レジで携帯端末をかざせばそれだけで決済が完了します。

お金を持ち歩かなくてよくなるため、すごく便利な機能なのです。

このおサイフケータイですが、楽天モバイルで使うとすごくお得になるのはご存知でしょうか。

今回は楽天モバイルとおサイフケータイを組みあわせて使うメリットを紹介します!

\先着300万名1年間無料/

おサイフケータイは何がある?

おサイフケータイは電子マネーをスマホで決済できるようにするサービスです。

スマホがお財布代わりに使えるので、すごく便利です。スマホは必ず持ち歩きますからね。

しむりん
おサイフケータイで使える電子マネーをピックアップしたよ!
  • Suica
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay
  • LINE Pay
  • Yahoo!マネー
  • おさいふPonta
  • au WALLET
  • Apple Pay

よく使われる電子マネーはこんなものではないでしょうか。

電車でも使えるSuicaはよく見かけますね。コンビニでは、Suicaで買い物する方もいます。

Suicaは、電車やコンビニ以外でも、駅構内にあるお店で使えることが多いので、目にする機会は多いですね。

このうち楽天モバイルと一番相性が良いのが楽天Edyです。

楽天Edyとは?

楽天Edy

楽天Edyとは、楽天モバイル同様楽天グループが提供している電子マネーサービスです。

楽天Edyの特徴を紹介します。

200円チャージするごとに1ポイント貯まる

楽天Edyは事前にチャージしておくことで使えます。この辺はSuicaと同じですね。

例えば、2,000円チャージしておけば、2,000円までお買い物ができるわけです。

当然、残高が200円のとき300円のものを買おうとするとエラーになります。だから、もう100円チャージする必要があるわけですね。

楽天Edyでは、200円チャージすると1ポイントつくのが特徴。

貯まるポイントは楽天ポイントで、1ポイント=1円で使えます。

還元率で考えると0.5%ですね。チャージだけでポイントが付くのでお得です。

チャージによりポイントを貯めるには、同じく楽天グループが発行する楽天カード(楽天のクレジットカード)を利用することが必要です。

楽天カードを使って楽天Edyにチャージすると、先程説明したように200円につき1ポイント貯まります。

更に、楽天カードは利用100円につき1ポイント貯まるので、仮に1,000円チャージすると15ポイント貯まることとなり、還元率で言えば1.5%とかなりお得に使えます!

貯まったポイントは、楽天が提供するサービスで使うことができます。

関連楽天ポイントで生活費を節約する方法

貯まったポイントはチャージできる

なんと、貯まったポイントはそのまま楽天Edyにチャージすることができます

つまり、楽天ポイントが2000ポイント貯まっていたとして、そのポイントを全て楽天Edyに移すと、2,000円チャージしたことと同じこと。

ポイントだけで2,000円分の買い物ができちゃうんです。

楽天Edyの利用でもポイントが貯まる

楽天Edyを使うとその分ポイントも貯まります。これはチャージと同様200円につき1ポイントです。

つまり、楽天Edyを楽天カードでチャージして使うだけで、ポイントは何倍にも増えていくことになるんです。

まとめると次のような感じになります。

  • 楽天Edyを楽天カードでチャージ(200円で1ポイント/楽天カード分が100円で1ポイント)
  • 楽天Edyを使う(200円で1ポイント)

例えば、楽天カードで楽天Edyに2,000円チャージしたとしましょう。すると、チャージ分で10ポイント貯まります。

次に、楽天カードで2,000円使ったので20ポイント貯まります。

最後に、チャージした2,000円でお買い物して使い切ると、10ポイント貯まります。

チャージ→利用の流れだけで40ポイント貯まることになります!

この例では2,000円を回しただけなので、還元率で言えば2%

2%還元するサービスなんてそうそうないので、どれだけお得かがわかります。

楽天Edyを利用するなら、楽天カードでやる方がよいですね。

楽天カードは年会費も無料ですし、使いやすいカードなのでおすすめです。

しむりん
楽天Edyは、楽天モバイルを組み合わせると更にお得になるんだよ!

楽天モバイル×楽天Edyがお得な理由

楽天モバイル×楽天Edy

1.楽天モバイルの利用で貯まったポイントを楽天Edyに交換できる

楽天モバイルを使うだけで、100円につき1ポイント貯めることができます。楽天モバイルの料金は次の通り。

国内海外
料金2,980円
容量楽天回線:完全使い放題
KDDI回線:5GB
2GB
通話完全かけ放題海外→国内:かけ放題
国内/海外→海外:980円/月
SMS完全使い放題

月額2,980円のプラン1つで、毎月貯まるポイントは28です。

貯まったポイントはそのまま楽天モバイルの支払いにも使えますが、楽天Edyにチャージすることも可能です。

2.楽天Edyの利用で貯まったポイントは楽天モバイルの支払いに使える

楽天モバイルでは、楽天ポイントを使って支払うこともできます。

楽天Edyのチャージや利用で貯まったポイントを楽天モバイルに使うことで、ただでさえ安い携帯料金を、更に安く使うことができるようになります

3.楽天モバイルの支払いを楽天カードにすることで好循環

先程、楽天Edyは楽天カードと組みあわせて使うとポイントが最大2%貯まる話をしました。

ここに、楽天モバイルの支払先を楽天カードに指定することで、もっとお得にポイントを貯めれるようになります。

楽天モバイルの利用でもポイントが貯まり、楽天カードの利用でもポイントが貯まります。

つまり、楽天モバイルの支払いを楽天カードにすれば、それだけでポイント還元率は2%になるのです。

楽天Edy×楽天カード×楽天モバイルのポイントイメージは次の通り。

  • 楽天Edyを楽天カードでチャージ(200円で1ポイント/楽天カード分が100円で1ポイント)
  • 楽天Edyを使う(200円で1ポイント)
  • 楽天モバイルを使う(100円で1ポイント/楽天カード分が100円で1ポイント)

先程の、楽天カードで楽天Edyに2,000円チャージして使う流れでは40ポイントが貯まり、還元率が2%になる例を出しました。

そこに加えて、一番利用者が多い通話SIMの3.1GBプランを使っているとしましょう。

ここで貯まるポイントは16ポイント。更に、支払いを楽天カードでするわけですから、1600円に対して16ポイント貯まります。合計32ポイントが貯まる計算です。

楽天Edyで貯めたポイントと合わせると72ポイント貯まったことになります。

つまり、この例では楽天Edyでお買い物して、楽天モバイルを使っているだけで、72ポイント貯まるわけです。

この貯まったポイントは、楽天Edyにチャージして使うもよし、楽天モバイルの支払いに使うのもよしです!

関連楽天モバイルの支払いに楽天カードをおすすめする理由

4.キャンペーンがある

楽天モバイルにはキャンペーンが定期的に開催されており、例えば楽天Edyが使える端末を購入すると楽天Edy300円分がもらえる、楽天モバイルの端末購入で楽天Edy100円分がプレゼントされる等、楽天Edyと関連付けたキャンペーンはかなりあります。

また、楽天Edyの方でも、使うだけでポイント2倍キャンペーンなど開催されているので、結構お得にポイントを貯められるんですよ!

楽天モバイルのキャンペーンは定期的に変わるので、しっかりチェックしておきましょう!

関連現在開催中の楽天モバイルのキャンペーンまとめ

楽天Edyが使えるスマホはどれ?

最初に説明すると、楽天Edyをスマホで使うためには、おサイフケータイ機能が搭載されているスマホであることが前提となります。

iPhoneでもようやくApple Pay(アップルペイ)の導入でおサイフケータイ代わりに使えるようになりましたが、楽天Edyは今のところ未対応です。

そのため、楽天Edyを使うためにはAndroidスマホが必要になります。

それでは、楽天モバイルで買えるおサイフケータイ対応のスマホを紹介します。

AQUOS SH-M04

AQUOS SH-M04

SHARPが提供している「AQUOS SH-M04」は新しい端末で、楽天モバイル限定色のレッドが選べます。

機能としては、防水機能・1300万画素のカメラ・オクタコアCPUでサクサク・のぞき見防止など、普段使う上で必要十分です。

24回分割で891円から購入することができます(2017年3月現在)。

arrows M03

arrows M03

富士通が提供している「arrows M03」は、防水機能に加え、高温や低温・衝撃にも強いタフさが特徴。

更に、1310万画素のカメラ・ワンセグ・大容量バッテリーを備えており、多機能なスマホとなっています。

24回払いで981円から購入することが可能です(2017年3月現在)。

海外メーカーのスマホでおサイフケータイは使える?

楽天モバイルで楽天EdyやSuicaを使うなら、紹介した「AQUOS SH-M04」か「arrows M03」を購入すれば大丈夫です。

もばくまくん
HUAWEIとかは、おサイフケータイ使えるの?
しむりん
残念ながら、HUAWEIやASUSの端末はおサイフケータイが使えないんだ。

楽天モバイルでは、HUAWEIの「HUAWEI nova」や「HUAWEI Mate 9」、「honor 8」、ASUSの「ZenFone 3」などの海外メーカーの格安スマホも人気です。

しかし、これら海外メーカーが提供している格安スマホでは、おサイフケータイに対応していません。

楽天モバイルでおサイフケータイを使いたいのであれば、国産メーカーが提供している格安スマホを選びましょう。

しむりん
機能的に大きな違いはないから、「AQUOS SH-M04」や「arrows M03」で十分だよ!

楽天モバイルで楽天Edyを使う/まとめ

以上、楽天モバイルと楽天Edy、更に楽天カードも加えた最強の組み合わせについてまとめました。

格安SIMは、少しでも毎月携帯料金を節約したい!と思って検討されることが多いかと思います。

楽天モバイルは、ポイントをお得に貯められますし、貯まったポイントを使うことで格安SIM業界の中でもトップクラスに安くすることができるのでおすすめです。

楽天Edyや楽天カードを取り入れて、よりお得に使ってみましょう!

先着300万名まで1年間無料

縛り期間・解約金なし

-楽天モバイルについて
-

Copyright© ゼロハジ!ゼロから始める楽天モバイル , 2020 All Rights Reserved.