iPhone

SIMフリー版iPhone7を購入して格安SIMで安く使う方法!おすすめ格安SIMまとめ

投稿日:2017年2月12日 更新日:

もばくまくん
iPhone7に買い替えたいクマ!でも、iPhoneって新機種出る度どんどん高くなってないクマか?
しむりん
確かに、出る度に値段は高くなっているし、容量も大容量になっていたりはあるよね。。
もばくまくん
毎月の携帯料金を考えると8,000円~10,000円になってしまうクマ。。。高いクマ。。。
しむりん
携帯料金高いよね。でも、格安SIMを使えば、毎月の利用料を安くすることはできるよ!

Apple Payのリリースも行われ、ぼちぼち利用者が増えてきているiPhone7。大変魅力的な機種ではありますが、大手携帯キャリア(NTTdocomo・au・SoftBank)から買ってしまうと、2年間の携帯料金の総額は20万を超えてしまいます。ひと昔前に比べると、携帯料金は高くなってきましたよね。

しかし、iPhone7を格安SIM(MVNO)で使うと、7万以上節約することが可能なのです!

それでは、どのようにしてiPhone7を格安SIMで安く使えるようにできるのか、またおすすめの格安SIMはどれかなど紹介しますね。

▼公式サイトはコチラから▼

この記事の目次

iPhone7料金比較!大手キャリアで買うといくらかかる?格安SIMと比較

しむりん
まずは、大手携帯キャリアでiPhone7に機種変すると、いくらかかるのか見ていこう

ちなみに、比較のために各携帯会社で購入すると想定するiPhone7は32GB、パケットプランは5GBを選択していきます。

NTTdocomoと比較

しむりん
NTTドコモでiPhone7を購入すると、次のような料金になるんだ
  1. カケホーダイライト:1,836円
  2. データMパック(5GB):5,400円
  3. SPモード:324円
  4. 機種代金:891円(3,429円-2,322円-216円)

合計:8,451円

もばくまくん
毎月8,500円に迫るクマね。。。
しむりん
そうだね。2年契約で考えると、トータルで202,824円になってしまうね。

docomoでiPhone7を2年間使い続けると、実に20万を超える金額がかかってしまいます。

auと比較

しむりん
次に、auでiPhone7を購入すると、次のような料金になるよ
  1. スーパーカケホ:1,836円
  2. データ定額5GB:5,400円
  3. LTE NET:324円
  4. 機種代金:855円(3,300円-2,445円)

合計:8,415円

もばくまくん
ドコモより少し安いクマ!
しむりん
そうだね。ただ、それでも8,000円は超えてしまうんだ。

そうなのです。一番安いauでも、毎月8,000円はかかり、2年間トータルで201,960円と、やはり20万は超えてしまいます

SoftBankと比較

しむりん
最後に、ソフトバンクの料金を見ていこう
  1. 通話定額ライト:1,836円
  2. データ定額5GB:5,400円
  3. ウェブ使用料:324円
  4. 機種代金:855円(3,660円-2,805円)

合計:8,415円

もばくまくん
auと同じクマ!
しむりん
そうだね。料金で比較すると、au=ソフトバンク>ドコモという結果だね。とはいえ、その差は36円ほどだし、2年間トータルで見ても864円しか変わらないんだ

機種代金がやや高めのNTTdocomoが、結果的にau・SoftBankより料金は高い設定になっています。docomoのiPhone7の料金は、基本的に機種代金3,429円-2,322円の計算ですが、定期的に季節のおとりかえ割(機種変更や契約変更の方対象)キャンペーンで機種代金を5,184円割引(ひと月あたり216円)して、金額を調整しています。

どのキャリアも毎月8,000円はかかるし2年で20万以上になる

もばくまくん
どこの携帯会社も、8,000円は超えちゃうクマね
しむりん
そうだね。2年間で見ると20万円を超える金額になるから、いかに携帯電話にお金をかけているかがわかるよね。
もばくまくん
必ずかかっちゃうお金クマ。。。安く出来るなら、安くしたいクマね。。。
しむりん
携帯料金は固定費だからね。では、iPhone7を格安SIMで使うとどう安くなるか、比較して見てみよう!

格安SIM「楽天モバイル」ならiPhone7はいくら安くなる?

各携帯キャリアでiPhone7を使うとどれだけ高くなるかがわかったかと思います。次に、実際に格安SIMでiPhone7を使うとどうなるか、楽天モバイルを使って見ていくことにします。

格安SIM「楽天モバイル」でiPhone7を使うと7万近く安くなる!

しむりん
楽天モバイルの5GBプランで2年間使うと、携帯料金は次のようになるよ!

格安SIMである「楽天モバイル」の、5GBプランでiPhone7を使った料金シミュレーションは、次のようになりました。

楽天モバイル5GB:2,322円

機種代金:3,276円(本体料金78,624円を24ヶ月分割)

合計:5,598円

これを2年間になおすと合計132,030円となり、au・SoftBankよりも69,930円、NTTdocomoとは70,794円、トータルで安くなりました

もばくまくん
あれ?24ヶ月だから、134,352円じゃないクマ?
しむりん
楽天モバイルは初月料金が無料だから、5GBプランの2,322円は23ヶ月計算なんだよ。そうすると7万円前後安くなるから、1年間でみると実に3万以上安くなっているよね。
もばくまくん
初月無料はすごいクマ!それで7万円安くなるなら、色々他のことができるクマね!

格安SIMでiPhone7、iPhone7 Plusを安く使う方法

格安SIMでiPhone7を使うと、大手キャリアで使うよりもかなり安くなることがわかりましたね。

これまで大手キャリアを使っていた方は、キャリアを通してiPhoneを端末を購入していたかと思います。しかし、格安SIMを通じてiPhoneを購入することはできませんから、どうやって購入するか疑問に感じる方も多いはず。

格安SIMでは、iPhone端末はAppleからSIMフリー版iPhoneを購入するのが一番安くて手っ取り早い方法です。なぜなら、大手キャリアでiPhone7を購入してしまうと、2年縛りを受けてしまい、格安SIMにMNP(電話番号そのままで乗り換え)するためには違約金の9,500円を払わなくてはいけなくなってしまいます。

しかし、iPhone7をAppleから購入すれば、そういった縛りはなく、すぐに格安SIMで使い始めることができます!

もばくまくん
格安SIMでiPhone7を使うなら、Appleから買うのが一番いいクマね!
しむりん
そうだね。では、AppleからSIMフリーiPhone7を手に入れる方法を見ていくことにするよ

一番楽なのはAppleオンラインストアでiPhone7を購入すること

しむりん
一番手間がかからないのは、Appleのオンラインストアで購入することかな

Appleオンラインストア」では、Appleが取り扱っている製品を購入することが出来ます。SIMフリー版iPhone7も購入することができるので、お店に行く手間が省けますし、数日後には手元に届くので便利です。

送料は無料で更に分割払いのオプションもつけることができます。分割払いは、24ヶ月であれば金利が無料なのでオススメ※です。

※24ヶ月払いの金利が無料になるキャンペーンはしばらく続いていますが、Appleの都合でキャンペーンがなくなる可能性もあります。

Apple StoreならiPhone7がすぐ手に入る

Apple製品専門の店舗である「Apple Store」であれば、すぐにiPhone7を手に入れることができます。在庫が豊富にあり、かつスタッフの方も親切に対応してくれるので、安心して購入することができます。

しかし、Apple Storeは現在日本に8店舗しかなく、近くにないケースがほとんどかと思います。お近くにApple Storeがない場合は、先ほど紹介したAppleオンラインストアか、次に紹介する取扱店を利用しましょう。

Apple製品取扱店でもiPhone7は入手できる

Apple製品取扱店とは、Apple製品を取り扱っている主に家電量販店のことをいいます。ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ等が該当しますが、全ての店舗で取り扱っているわけではないので注意が必要です。

もしも、お近くにApple Storeも取扱店もない場合は、配送の時間は必要ですが、最初に紹介したAppleオンラインストアがベストな方法です。

iPhone7を手に入れる前に、まず格安SIMに申し込もう

iPhone7を買いに行く日や、オンラインストアで購入が終わったら、格安SIMに先に申込をしましょう!

しむりん
iPhone7が手元に届くくらいに、格安SIMも使い始められるようにすれば、スムーズにできるね

何故かというと、格安SIMに申し込みをしてから、格安SIMのSIMカードが手元に届くのは、例えば配送が早い楽天モバイルなら2~3日、少し時間のかかる格安SIM会社であれば最短でも3~4日はかかってしまいます。SIMカードが届くまでの時間を考慮した上で、手元にiPhone7が届く前に格安SIMに申し込んでおくと、スムーズに使い始めることができます

しむりん
Apple Storeや取扱店で購入するなら、買いに行く前に楽天モバイルに申し込んでおくのがいいね
もばくまくん
先に手元に格安SIMを申し込んでも問題ないクマか?
しむりん
うん。ほとんどの格安SIMは日割りでの料金計算をしてくれるから、月末あたりに申し込んでも安心していいんだよ

iPhone7でおすすめの格安SIMはこれ!料金はいくら?

しむりん
それでは、具体的にどの格安SIMに申し込むのがオススメなのか、紹介するよ!

数ある格安SIMの中でおすすめなのは、断然 楽天モバイル です!

楽天モバイルは、楽天市場で有名な楽天株式会社が提供する格安SIMで、楽天ならではのポイントの連携やとにかく安い月額料金で、後発ながら急成長を遂げている格安SIMです。

特に、楽天のサービスとの連携は最強クラスなので、楽天市場を普段利用されている方も、まだ利用していない方も、楽天モバイルと楽天サービスを組み合わせることで、一層お得にiPhone7を使えるようにできるのです。

もちろん、楽天モバイル以外にも格安SIMはたくさんありますので、下記にまとめてみました。管理人も、格安SIMで楽天モバイルを使い始めるまでに何社も比較検討したので、ご自分に合った格安SIMを選んでみましょう!

▼公式サイトはコチラから▼

【1位】楽天モバイル:楽天ポイントの連携が最強

一番のオススメ格安SIMは楽天モバイル。毎月の携帯料金がとにかく安く、楽天サービスとの組み合わせで更にお得にできるのがポイント。申し込みから手元に届くまでの早さ(僕の場合は20時に申し込んで到着がその2日後)も決め手のひとつです。

確かに、楽天モバイルは他の格安SIMに比べて突出したものはありません。月額料金がDMMモバイルほど安くはなく、通信速度もUQモバイルほど速くはありませんし、LINEモバイルのようなSNSに特化したサービスもありません。

しかし、楽天モバイルは総合的に優秀な格安SIMで、価格もDMMモバイルと100円程度しか変わりませんし(その他の格安SIMよりも安い)、通信速度もストレスが溜まるレベルで遅いわけではなく、快適に使える速度です。また、楽天株式会社という誰もが知っている大手会社が提供しているという安心感もあります。せっかく使い始めた格安SIM会社が潰れちゃったでは、元も子もないですからね。そのため、万人にオススメできるのが、この楽天モバイルといえます。

楽天モバイルはここがポイント!

  • 初月料金が無料
  • 楽天でんわで通話料がお得に
  • 国内通話が無制限かけ放題プランがある
  • 余ったデータ通信量は翌月繰り越し可能
  • 楽天ポイントの連携がお得!
  • 最低1Mbpsの高速回線が使い放題
  • データ大容量が安く使える
  • iPhoneが安く買える
  • 全国63,000箇所以上のWi-Fiスポットが使える
  • 申し込んで届くまでが速い
  • クレジットカードがなくても申し込める

【2位】mineo(マイネオ):2回線が選べる格安SIM

mineo(マイネオ)はdocomo回線とau回線の2種類を選べる格安SIMです。乗り換えをする時、docomo限定の格安SIMが多い中、au回線も選べるのは大きなポイント。大手キャリアとは異なり契約期間や違約金が一切ないなど、サポートの手厚さも特徴です。

mineoはここがポイント!

  • フリータンクで毎月1GBまで無料でもらえる
  • パケットギフトで友人からデータ容量をもらえる
  • auとドコモの2回線が使える
  • 20GBや30GBの大容量プランが選べる
  • 長期契約特典あり
  • mineoスイッチが便利
  • 最低契約期間や違約金がない
  • マイネ王というコミュニティサイトがある
  • とにかく手厚いサポートで満足度No.1
  • 毎日5分かけ放題か通話定額を選べる
  • LaLaコールで通話料が半額以下に
  • 家族で使いたい場合もお得
  • データ繰り越しが可能
  • 通信速度は安定して速い
  • ドコモプランには低速制限なし

【3位】LINEモバイル:SNSが使い放題の格安SIM

↑上の料金はSMS+データ容量で、通話SIMとなると上記料金に+580円が加算されます。

LINEモバイルは格安SIMの中でも新しい格安SIMです。そのため、通信速度は格安SIMの中でも一番速いです(ただ、あと半年~1年後くらいには平均的な速度になると予測)。また、LINE・Twitter・Facebook・Instagramをデータ通信量の消費なしで利用できるのは、LINEが提供する格安SIMならではのサービス。

LINEモバイルはここがポイント!

  • LINEポイントが1%貯まる
  • 格安SIMで唯一LINEの年齢認証ができる
  • 音楽をヘビーに聴く人にとって最適のプランがある
  • 10分かけ放題プランがある
  • LINE Payでの支払いも可能
  • SNSカウントフリーが最強
  • LINEを通してデータをプレゼントできる
  • LINEで料金明細やデータ残量が確認できる
  • 3日間の速度制限がない
  • データ繰り越しが可能
  • 通信速度は速い
  • 初月無料

【4位】BIGLOBE SIM:通話や動画視聴が多い人にはオススメの格安SIM

BIGLOBE SIMは、通話やYouTube、AbemaTV等視聴する人にとって嬉しいプランが豊富にあります。楽天モバイル同様、初月無料なのもポイントです。

BIGLOBE SIMはここがポイント!

  • エンタメフリーが付けられる6GBは業界最安!
  • BIGLOBEでんわで通話3分かけ放題か60分使い放題か選べる
  • エンタメフリーで動画や音楽が使い放題
  • 光回線とセットで使うと割引
  • キャッシュバックの特典が多い
  • 家族でシェアできるプランがある
  • 選べる容量の幅が広い
  • 通信速度はやや速い
  • 3日間の速度制限がない
  • WiFiスポットがたくさんある
  • データ繰り越しが使える
  • 初月無料

【5位】DMMモバイル:月額料金は業界最安値

DMMモバイルはとにかく月額料金が安く、格安SIM業界最安値となっています。とにかく安く使い始めたい方には、おすすめの格安SIMといえます!

DMMモバイルはここがポイント!

  • データ容量のプランが豊富
  • 国内5分までかけ放題サービスあり
  • 追加パケットが1GB480円と安い
  • 料金の10%がDMMポイントで還元
  • 業界最安値
  • データ繰り越しが可能
  • シェアコースで家族で安く使える
  • 低速モードでパケット節約可能
  • 追加チャージも1GB/480円と格安
  • 高速通信は速度制限なし

【6位】U-mobile:他の格安SIMにはない豊富なプラン

U-mobileは他の格安SIMとはちょっと違うサービスが特徴。他の格安SIM同様、通話SIMやデータSIMも提供されていますが、USEN MUSICが聴き放題+データ通信使い放題のプランや、10分以内の通話が毎月300回まで無料になるプラン、データ通信が使い放題になるプランなど、U-mobileだけの特別プランがあります。

U-mobileはここがポイント!

  • 他の格安SIMにはない特別プランが魅力的
  • U-CALLで通話料が半額
  • U-NEXTで使えるポイントがもらえる
  • 他社にはないソフトバンク回線が使える
  • 高速でのデータ使い放題プランがある
  • 通信速度は普通
  • 速度制限が毎日精算だから3日間制限がない
  • 初月無料で使える
  • OCNのWi-Fiスポットが使える
  • データ繰り越しで翌月に余った通信料を繰り越せる
  • 10分以内かけ放題
  • クレジットカードがなくても申し込める
  • 最低利用期間が半年だけ
  • 通信速度は平均的

【7位】IIJmio:安定感が高い格安SIM

IIJmioは信頼性が高い格安SIMで、月額料金を下げるパイオニアでもあります。楽天モバイル同様、特徴的なサービスやプランはありませんが、通信速度も安定しており、総合力の高い格安SIMです。

IIJmioはここがポイント!

  • 通信速度は安定して速い
  • auとドコモの2回線が使える
  • 信頼性の高さは業界一
  • 家族相手なら10分/30分かけ放題
  • 誰とでも3分/10分かけ放題がある
  • 通信量のシェアができる
  • データ繰り越しができる

【8位】UQモバイル:通信速度で圧倒

格安SIMはほとんどがdocomo回線を使っていますが、UQモバイルはau回線を使っています。通信速度が圧倒的に速く、混みやすい時間帯でも安定した速度を誇るのが特徴的です。

UQモバイルはここがポイント!

  • 通信速度が格安SIM最速
  • iPhoneを購入できる
  • テザリング対応機種が幅広い
  • 5分かけ放題か通話定額を選べる
  • 最大10回線まで家族割
  • データ繰り越しで翌月に余った通信料を繰り越せる
  • 節約モードでデータ消費をゼロにできる
  • 格安SIMには少ないau回線が使える
  • クレジットカードがなくても申し込める

【9位】OCNモバイル ONE:NTTが提供する人気の格安SIM

OCNモバイル ONEは、NTTが提供する格安SIMです。OCNはインターネット回線も提供しているので、知名度は抜群ですね。速度制限が他の格安SIMのように月ごとではなく毎日精算される日次プランが選べるのもポイントです。

OCNモバイル ONEはここがポイント!

  • NTTが提供する格安SIM
  • 速度制限が毎日精算だから3日間制限がない
  • 初月無料で使える
  • OCNのWi-Fiスポットが使える
  • データ繰り越しで翌月に余った通信料を繰り越せる
  • 10分以内かけ放題
  • クレジットカードがなくても申し込める
  • 最低利用期間が半年だけ
  • 通信速度は平均的

【10位】Y!mobile(ワイモバイル):専用回線を提供している格安SIM

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴は10分以内の国内通話がかけ放題になること。また、専用回線を持っているため、docomoやauから回線を借りている他の格安SIMに比べ高速通信が可能です。

ワイモバイルはここがポイント!

  • Y!mobile(ワイモバイル)専用回線を使っている
  • 10分以内の通話がかけ放題
  • ソフトバンクのWiFiスポットが使える
  • Yahoo!プレミアム会員費が無料になる
  • 通信速度は速い
  • 店舗数が多い

格安SIMでiPhone7を安く使う方法まとめ

以上、SIMフリー版iPhone7を購入して格安SIMで安く使う方法や、格安SIM会社についての解説でした。

もばくまくん
予想以上にたくさんあって、びっくりしたクマ!
しむりん
そうだね。ここで紹介した格安SIM会社だけではなく、他にもたくさんあるんだ
もばくまくん
こんなにたくさんあって、迷わないわけないクマ。。。
しむりん
ただ、一番のオススメは楽天モバイルかな。大手会社が提供する安心感・料金・速度など総合的に高いんだよ。

楽天モバイル は数ある格安SIMの中でも間違いなく一番おすすめできます。多くの人に選ばれてもいる人気の格安SIMですので、選んで後悔することはないかなと思います。

楽天モバイルへの詳しい乗り換え方法は下記記事に書いていますので、参考にしてみてくださいね!

記事をシェアする

よく読まれている記事

1

格安SIM会社は、楽天モバイル以外にも山のようにあります。 楽天モバイル以外には、mineo(マイネオ)、BIGLOBE、UQモバイル、IIJmio、DMMモバイル、LINEモバイルなど、それこそ挙げ ...

2

楽天モバイルはお得だし、早速乗り換えよう! ・・・といいたいところですが、契約前にチェックしておきたいポイントもあります。楽天モバイルはメリットが充実しているのですが、その反面デメリットも存在します。 ...

3

楽天モバイルのスーパーホーダイプランが登場して、選択肢がかなり広くなりました。ただ、どちらを選べばいいのかわからなくなった方も多いと思います。 この記事では楽天モバイルの料金プランや容量の選び方につい ...

4

楽天モバイルのホームページは少しごちゃごちゃしていて、わかりづらい点がありますよね。せっかく良いサービスなのでもったいないですが・・・。 そのため、この記事で楽天モバイルへの申込方法について詳しく解説 ...

5

この記事の目次1 まず始めに、MNPの手続きを理解しよう2 STEP1.MNP予約番号を取得しよう2.1 MNP予約番号とは?2.2 MNP予約番号の入手方法はこちら!2.3 楽天モバイルの猶予は5日 ...

-iPhone
-

Copyright© 楽天モバイルの評判・速度・乗り換え/MNP方法|ゼロから始める楽天モバイル , 2017 All Rights Reserved.